FC2ブログ
MMORPG「mabinogi」での出来事やリアルのこと、「きゃろむんのぼやき」など
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の仕事中のこと。

いつも厳しい部長が、今日もガミガミと何かを言っている。

私のいる部署は、直接的ではないが、金銭的なやり取りをする。

見積もりをとった後の単価の処理と、見積書の保管方法が杜撰、だそうだ。

言われてみれば、見積りとった後やなんか、処理の仕方を聞いていなかった。

今まで見積もりとった資料は全部手元のフォルダに残っている。

保管方法や、手順も、なにやら関係法令で決まっているらしい。(それも知らなかった

係長から聞いていなかったわけだけども。。

「自分で判断できることはやってもらってもかまわんが、金額が大きかったり、数量が多い時は係長や、部長である俺に渡してくれ。そうすれば、何とかできるから。何でも抱え込むな。」

「何でも抱え込むな」

この一言ってなんか、ズキューンと来てしまう。

ちょっと嬉しかった。



まぁ、、そのあと別のミスでこっ酷く叱られたわけですが・・・

ちょっと落ち着いてよく聞くと、一つの結論に行くまでに、あらゆる方面からの裏付けがされている。

つまりは、隙のない結論。

たとえば、「製作手配において、現場への作業指示がうまく回っていない問題」

・システム上の不具合で、設定上出るはずの帳票が出なかった。⇒システム管理会社に連絡、改善を行う。
・作業者の入力ミスで、品番、注番が間違っている。⇒手入力しなくてもインポートで対応できるような仕組みを作る。
・新規品で、帳票の払い出し先が明確でない。⇒類似品や、技術部とのやり取りで情報を取り入れ、現場の生産能力を考慮し、作業指示を行う。
など・・・


一番よく言われるのは、「個人の特性は変えられないから、その個性に合わせて、どうしたら不具合が減るのか、なくせるかを考える。作業の流れの中で、自然と不具合が発見できるような手順を考える。そうすれば、誰がやっても同じ条件で、同じ結果が得られるはず。」

ちょっと心においてみようと思いまする
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://caromoon.blog47.fc2.com/tb.php/105-13f05e53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。