MMORPG「mabinogi」での出来事やリアルのこと、「きゃろむんのぼやき」など
 
きゃろむんのひとこと
「ひとこと」 
ということで、何となく思い浮かんだことを不定期で掲載していきます。 

今日のひとこと

『このブログは2015年1月31日をもって閉鎖させていただきます。今までのご愛顧ありがとうございました。』

∩ ∩
(=^ヮ^=)

15/01/25:5年も経っておりました。放置期間が2年ほど…orz
12/07/21:いつの間にか3周年。。いろんなことがありました。
11/06/15:気がつけば2周年です。ありがとうございます。
10/05/28:カレンダーと検索機能を追加しました。
10/05/27:ブログのデザインとか色々変えてみました。



※ 記事は下から ※

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ最近何するにも気力が出なくて、私になんて価値が無いとか、違うことしても結果出せないとか、いつまでたっても変われない、まだ自分に甘えてるんだとか、ほんと、私いないほうがいいのかも。

こんなところに書くことじゃないことわかってるけど。コソッと話せる友達もいないし、きっといたとしても面と向かっては話さない。弱音吐く自分は見せたくない。結果みんな溜め込むんだけど。


そんなことはまぁ、、置いといて。

毎年7月の最終土日は山に登ろう、と決めている。
そのために、3月辺りからどこに登るか選定をして、準備も進めてきた。
今年は御嶽山と決めた。土曜日昼頃に登頂して一度下山、翌日曜日の早朝にまた登り、昼頃降りてくる計画。
初めての3000m級登山なので多少不安があるが、御嶽山は信仰の山で、絶えず人が登っているので、ソロでも問題ないと判断した。
田の原からなら、険しいがコースタイムは3時間程度、黒沢からだと4時間かかるらしい。

この山行にはもう一つ目的があって、無線運用をすること。
趣味のアマチュア無線をすることも考えて、7合目付近まで車でいける田の原から登ることに。

天気予報は雨。しかも新潟の方はかなりの豪雨。北陸まで伸びた雲がこっちの方にも流れてくる可能性があるらしい。
最悪、天気が悪ければ今回は諦めることにして、現地まで行くことに。

途中、雨に降られるかと思ったが麓までは曇りで耐えていた。
林道を進み、標高が上がるにつれてあたりは完全にガスってしまった。雲の中にいるのである。
この程度なら、明るいうちに登れば問題なさそう・・・と思いながら、登山口に到着し準備を済ませ、出発。

歩き始めて10分少々、いきなり雨が降ってきた。次第に激しさを増し、雷鳴まで轟いてきた。

さすがに危ないので引き返す。車の中で雨が止むのを待ちながら、無線を聞いていたら、知り合いが同じ田の原にいるらしい。声をかけて、合流することに。
その知り合いは、山頂まで行く気はないらしく、屋根のある場所でのんびりするそうだ。
4~5人ほどで呑みながら盛り上がっている。
しばらく雨宿りさせてもらう。しかし雨は一向に止む気配が無い。

その間にも、白装束の信仰者が登って行く。この雨でさえも、修行・苦行の一環として受けるのだろうか。
私は彼等のように強くなれるだろうか。自らの信じるものの為なら命を賭す事ができるだろうか。
今の私にはそこまでの覚悟が無い。まだ甘えているんだ。情けない。

雨が止むことなく、時だけが刻々と過ぎていく。登頂開始のタイムリミットも越えてしまった。
仕方が無いので、知り合いとともに翌朝まで過ごさせてもらうことにした。
夕刻になると時々雨が止むようになった。それでもまだ雲の中にいる状態で、視界は5mほどだろうか。
知り合いたちと地酒と、地物食材での料理を楽しんだ。
22時ごろにはお酒も回ってきたので、早朝アタックに向けて就寝。夜中に雷雨と地震に見舞われ何度目を覚ましたことか。
強行しなくてよかったと思った。

翌早朝、まだ薄暗い5時ちょっと前に起きてラジオと無線で情報収集。
ここからでも山頂、山頂小屋がみえる。ガスが晴れて、今日ならいけるかもしれない。
ラジオの天気予報は昨日と同じで下り坂、午後から回復傾向らしい。それでは遅いのだが。
無線の方では御来光アタックのパーティーと交信、昨夜の雨で登山道がかなりぬかるんでいるらしい。
日の出を迎えたことだし、とりあえず、朝食の準備をすることに。

朝食の準備していたらにわかに風が強くなり、辺りがガスってしまった。
さっきまで見えていた山頂も見えなくなり、雷鳴が轟き始めた。
タイムリミットまで2時間、それを過ぎると予定時刻までに下山できない。
しかし無常にも激しい雷雨に。そのまま時間が過ぎ、今日も登ることができなかった。
そのままそこにいる事も居た堪れなくなったので、知り合いたちに別れを告げ先に下ることとした。

なんとも不完全燃焼だったため、帰り道にある笠置山へ寄っていくことにした。
この山は御嶽山と違い低い山なのだが、一度行ってみたいと思っていた。

こちらもガスってはいるが、雨は降っていない。賞味30分程度で登れるので強行することに。
杉の林の中を進む。ひぐらしが鳴き、岩が苔むして、地面は低笹に覆われて、ガスって薄暗い雰囲気がとても幻想的だった。
まるで、もののけ姫のあの森に来たようだ。(ちょっと大袈裟か

山頂で少し休憩して、下山した。

この山では、いたるところにペトログラフの刻まれた岩がある。
ここもまた、信仰の山なのだ。
御嶽山は山自体が信仰の対象で、笠置山は祭祀のための場所と言うことだろうか。笠置山では雨乞いの神事を行っていたらしい。
ちなみに、御嶽信仰と笠置山のペトログラフは関係ない。

今回の山行はこれで終り。

歴史と信仰と不思議と幻想と自然を、五感で、六根で感じた、そんな7月の最終土日。

少しは気力が戻ったかな。
スポンサーサイト
新世界
大阪じゃないよ?


コメント貰っといて返してなかったですゴメンナサイ・・

まぁ、楽しいところに人が集まるのは確かなんですが、その中で皆が楽しめているのか、私の一挙手一投足で場の雰囲気が変わるのかーとか、私の気持ちをうまく伝えられなかったりで、変な勘ぐりしちゃったり変に疎外感感じちゃって。。私は楽しいんだけど、ソレをうまく伝えられてるかなとか私は楽しいけどみんな引いてないかな・・とか。

それほど気にされてないことの方が多いですけど。


それで、

東北地方太平洋沖地震の影響で、マビノギがしばらくできないと言うことで、前々からギルド内で話題に出てたRO(RagnarokOnline)を始めることになりました。
興味がなかったわけではないんですが(むしろ興味津々でしたが)、何かこう、みんながやってるときに始めるのが自分の中で嫌だったので何となく避けてました・・・(
まぁ、、諸事情ありまして始めることになりまして。
始めると面白いんですよね。

いつものように、要領悪く成長は遅いですが。
それでイヤになってやめる事が多いんですけどね。

マビノギの時も、始めた時は面白かったのに。今でも面白いんだけど、面白さを見つけるまでが長いかな・・

で、男キャラでシーフになりました。将来はアサシンの予定です。(暗殺者好き
-Read more-

暗い雨空って好きなんだけど嫌い。
なんか、悲しい時の私みたい。

灰色の曇り空はもっとキライ。
煮え切らない自分が重なってしまうから。

青い空は大好き。
こんな風に素直になれたらいいなーっておもう。

雲のない青空はちょっとキライかな。
いかにも「晴れですっ!」って言う主張が強すぎるのも・・・

夕暮れ時の紅い空はセツナイけど好き。
「さようならっ」って別れるのがすごく寂しい。でも「またねっ」って言われてるような気がして。

明け方の紫の空はドキドキする。
これから何が始まるんだろう!って、舞台の幕が揚がる時みたいに。

真夜中の青黒い空はとっても落ち着く。
優しい何かに包まれているような、ゆったりした時が流れていて。

-Read more-

悩み、立ち止まって、そこから動けない。

どう転んでも、後悔するだろう。
どう動いても、自分にプラスになることだろう。
どうあっても、私は私でいられる。
どうやっても、犠牲を払わなければならない。


わかっているのに。

わかっているのに。

納得できない。
かといって、自分になにか考えがあるわけでもない。
こういうこともできるけど、こういうやり方もある。
どういうやり方が正しくて、どういうやり方が間違っているのか。
そんなもの、答えはどこにもない。

ただ、ボクは。

感性で、感じるままに、行動を取るであろう。
葛藤と諦めと納得し得ない理不尽さと、自分と戦いながら。

-Read more-


都会に憧れる若者がいて、地元を愛する若者がいて、田舎暮らしをする老夫婦がいて、都会でおしゃれに暮らす紳士淑女もいて。

いろいろいてもいいんだな。と思う。

その中のどれか、私のなりたい私になれる日が来ることを夢見て。




東京に遊びに行きたい、と思ったのはもうずいぶん昔のことだ。
中学の頃に、マンガ好きな友人の影響でいろんなマンガを読み漁った。
そして萌えを覚えて、パソコンを覚えて、インターネットを使い始めて、秋葉原と言う存在を知って。
東京に行く、と言うよりは秋葉原に行きたい!って感じかな。

テレビで見る都会の景色。背の高いビルが立ち並び、車道は車で埋め尽くされ、歩道は人で溢れて、その脇にはお洒落なお店が立ち並んで、電車は待たなくてもいつでも乗れて、活気溢れる近未来的ななにかがそこにはあった。

私の住む町は、家を出れば目の前に広がる田んぼ、背後には山、いたるところに農業用水が引かれ、道路は渋滞なんて考えられなかった。商店街もない、あるのはスーパーと駄菓子屋。小さいながら本屋もあった。
決して寂れていたわけではないが、活気があったわけでもない、中途半端な町。
嫌いだったわけでもない。でも、いつかは出て行くんだと思って。

家はとてもじゃないけど裕福とはいえない。むしろ貧の部類。高校は行かせて貰ったけど、大学に行きたいなんて言えなかった。

だんだん自分の中からいつか東京へ、って思いも薄れていった。

ハッと気が付いた時、私の住む町は、田畑を埋め、住宅の建売が多くなり、道路が広くなって、交通量が増えた道路は頻繁に渋滞し、狭い道にも車が入るようになった。大きなスーパーが何軒かでき、映画館もでき、外食産業も活発になってきた。活気付く町になっていた。それと引き換えに、昔遊んだ公園、田んぼ、用水、川の土手がなくなっていた。

それでも、東京に惹かれる理由。一度は薄れたその気持ちが起き上がってきたその理由。それが知りたくて、東京に遊びに行きたいって思うスパイラル。



前置きが長くなりましたが、結局のところ興味なんです。日本の首都がどんなものなのか。怖いもの見たさで。

前から「東京に遊びに行く!」って言って行けなかったので、今回は考える前に行きの切符だけ手配しました。
(それでも2週間前
もともとは、ある専門学校のオープンキャンパスがあることと、学校説明会があると言うことだったので、行ってみようかな~くらいのキモチでした。
確実にさせたのは、マビフレが集まるから。
たぶん、どちらかが欠けても行かなかっただろうな。と。

出張で、千葉とか栃木宇都宮とかには行ったことがあるけど、東京は初めてで。。



-Read more-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。